あいの風とやま鉄道[富山県]のコインランドリー

駅から探す

あいの風とやま鉄道の他県部分へ移動

あいの風とやま鉄道線

あいの風とやま鉄道線(あいのかぜとやまてつどうせん)は、石川県河北郡津幡町の倶利伽羅駅から新潟県糸魚川市の市振駅までを結ぶあいの風とやま鉄道の鉄道路線である。

元は西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の一部で、2015年(平成27年)3月14日の北陸新幹線長野駅 - 金沢駅間延伸開業の際に並行在来線として経営分離された区間のうち、あいの風とやま鉄道が継承した富山県内の区間にあたる。なお、石川県内はIRいしかわ鉄道が、新潟県内はえちごトキめき鉄道が継承した。当線含む3社の各路線は、北陸本線や信越本線・羽越本線・奥羽本線などとともに日本海縦貫線の一部を構成している。

なお、あいの風とやま鉄道が鉄道資産を保有している区間は