肥薩おれんじ鉄道[熊本県]のコインランドリー

駅から探す

  • 湯浦

肥薩おれんじ鉄道の他県部分へ移動

肥薩おれんじ鉄道線

肥薩おれんじ鉄道線(ひさつおれんじてつどうせん)は、熊本県八代市の八代駅から鹿児島県薩摩川内市の川内駅に至る肥薩おれんじ鉄道の鉄道路線である。

元は九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の一部で、2004年の九州新幹線新八代 - 鹿児島中央間の開業に伴い、肥薩おれんじ鉄道へ経営移管された。全線が交流電化されているが、旅客列車は交流専用電車の新造・購入費および維持費削減の観点から電気運転を行わず軽快気動車により運行されている。貨物列車は経営移管後も引き続き第二種鉄道事業者である日本貨物鉄道(JR貨物)の電気機関車牽引により運行されている。

九州新幹線開業までは、当線の区間にも特急列車などの優等列車が設定されていた